まじめな旦那の携帯から裸の女の写真が見つかり「いつ別れるの?」

まじめだと思った旦那の携帯から女性の写真が見つかり一言「別れるの?」

私は50代。結婚して30年が経ちました。
夫は寡黙で真面目。曲がった事が嫌いという昭和の男。人の道に外れたことはしない、と思っていました。
ある日子どもが、夜中父親の部屋から話し声が聞こえるというのです。
幽霊の話でも始めたのかと聞いたら、どうやら電話をしているようだ、しかも、同じようなことが何度もあったと。
怪しいですよね。
でも『真面目な主人』を疑うこともなく、きっと仕事の電話に違いない、と思っていました。何度思い返しても本当にバカだなぁと恥ずかしいです。
ある休みの日、私は主人がリビングに携帯電話を持ってこないことに気がつきました。
些細なことでしたが、その後も携帯電話は主人の部屋。決して家族の前には出さないのです。
よく聞く、携帯電話を四六時中持ち歩くようになった、の逆。
夜中に電話をするほど忙しいはずなのに何故?
私は、主人の目を盗んで携帯電話を盗み見ました。
主人の携帯は、着信履歴、発信履歴、受信メール、送信メールが綺麗に消されていました。
着信履歴でも残っていた方が、逆に自然だったのでは、と思うほどの不自然。
そこで私は、画像フォルダを見てみました。
そこには、ある1人の女性の写真が何枚も何枚もありました。
名古屋、大阪、北海道、女性の背後には様々な観光地。

見覚えのある有名な景色を見ながら、主人の増えた出張のことを思い出しました。
大変ね、なんて言ってお弁当を渡したことも…。
それでも、私の心は乱れてはいませんでした。
他人事のように画像を見ていると、女性の裸が目に飛び込んできました。
悲しさや絶望感などは不思議となく、無意識に私は主人の携帯に表示されている女性の裸を、自分の携帯電話で撮影し、主人の携帯を戻し、部屋を後にしました。
夜布団に入り目を閉じた時、突然酷い絶望感に襲われました。悲しくて悔しくて情けなくて。
翌日、何食わぬ顔で家を出ようとする主人に一言聞きました。
「いつ別れるの?」と。
主人は青い顔をして、「すぐに別れる」と言い家を出ました。
人の顔色がすぐに変わるのを見たのは、後にも先にもあの時だけです。
1週間後、一言「別れた」と主人は言いました。
時を同じくして、我が家に無言電話が増えたため、番号を変更。主人の希望です。
あれから2年、未だ夫婦でいます。
主人のことは一件以降、一度も信頼をしていません。
女の勘ですが、別れたの言葉も信じていません。
子どもが成人したら、離婚しようと思っています。